蓄膿症 ポリープ

蓄膿症でポリープ

「鼻から変な臭いがする」、「頭が重い」などの症状がでる蓄膿症ですが、その症状がでても放置しまくっていると「鼻茸」と呼ばれるポリープが副鼻腔内にできる可能性があります!

 

これは鼻の粘膜の一部が膨らんできて、その形はまるで「キノコ」のように突出してくることから「鼻茸(はなたけ)」。もちろん、鼻の中にきのこが生えてくるわけではありません。

 

ポリープである鼻茸が出来ると症状は悪化の一途をたどる。というのも、このポリープが鼻腔をふさいでしまうためだ。

 

【蓄膿症の原因】でも言っているように、鼻腔内の通気性が悪くなってくると、蓄膿症になりやすく、すでに蓄膿症である場合はさらに加速的に悪化してしまいます。

 

この鼻茸は切除手術して取り除くしかありません。

 

蓄膿症・花粉症・鼻炎を治す手頃な漢方